コンソール画面

AIショップを使う

始まる前に

ペルソナを分析するには予めデータを集める必要があります。ペルソナごとのユーザー数は「セグメント管理」で確認してください。

TPAdviceController

  1. CanvasにあるTPAdviceControllerは、キャンバスの内部でAdviceが動的に映すためのコントローラーのような役割を行います。 TPAdviceControllerのディレクトリーはAssets/TentuPlay/TPAdviceTemplates/TPAdviceController.prefabとなります。

  2. TentuPlayCRMPlayerControllerはPlayerのコンポーネントとなります。

  3. TentuPlayCRMDemoControllerの属性であるtpAdviceControllerは、CanvasにあるTPAdviceControllerが入ります。

  4. TentuPlayCRMは、各プレイヤー(player_uuid)に合わせたAdviceを動的に呼び出して画面に表示させる。

デモゲームでは、ゲームプレイ後にメールボックスをクリックすると、プレイヤーの「TentuPlayer」が二種類のメールを受け付けたものを例示として表示させます。
デモゲームに関する詳細やTPMentorの使用例に関しましてはTentuPlayCRMPlayerController.csをご参考ください。

Advice UI

  • 無課金の期待値モデルのAdvice UIPrefabとコンポーネントに含まれるスクリプトのディレクトリーは以下となります。:
    • Assets/TentuPlay/TPAdviceTemplates/Resources/TPAdviceWindowUINonpaying_Players.prefab
    • Assets/TentuPlay/TPAdviceTemplates/TPAdviceWindowUINonpayingPlayersController.cs
  • 素早い成長モデルのAdvice UIPrefabとコンポーネントに含まれるスクリプトのディレクトリーは以下となります。:
    • Assets/TentuPlay/TPAdviceTemplates/Resources/TPAdviceWindowUISmart_And_Busy.prefab
    • Assets/TentuPlay/TPAdviceTemplates/TPAdviceWindowUISmartAndBusyController.cs


TPAdviceWindowUI

- Root GameObject:U DialogとTPAdviceWindowUI{SomeModel}Controllerがコンポーネントとなります。

  • 「閉じる」ボタン:- Root GameObject:U DialogとTPAdviceWindowUI{SomeModel}Controllerがコンポーネントとなります。

  • 「アイテム」や「商品」ボタン:
    • TPAdviceWindowUI{SomeModel}Controller.GoToAdviceEventがOn Clickイベントとなります。
    • Item Id ViewerとGo To Shop Exampleは、ボタンをクリックするとアイテムIDがコンソールとItem Idに表示できるようにする例題の機能となります。

  • メールの内容:TPAdviceWindowUI{SomeModel}Controller.csのPlaceAdviceメソッドの内容を修正して使います。

サポートが必要な場合

気になることや質問などがありますか? TENTUPLAYのDISCORD でお問い合わせください。